長崎県立鳴滝高等学校を知りたい!【偏差値・学費・口コミ】

長崎県通信制高校:長崎県立鳴滝高等学校
  • 長崎県立鳴滝高等学校ってどんな学校なの?
  • 学費、偏差値、評判が気になる!

と、長崎県立鳴滝高等学校について気になり、このページに来てくださったと思います。

このページでは、皆さんの気になる長崎県立鳴滝高等学校についてしっかりと紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださ

あわせて読みたい
長崎県の通信制高校一覧からおすすめ6選を紹介!【学費・口コミ・選び方】 長崎県のおすすめの通信制高校ってどこだろう? 長崎県の通信制高校の選び方がわからない... 気になる通信制高校の口コミ・評判はどんな感じ? 公立、私立の学費は高い...
目次

長崎県立鳴滝高等学校の基本情報

長崎県立鳴滝高等学校の基本情報

学校名 長崎県立鳴滝高等学校
学費 32,500円
所在地・校舎 〒850-0011
長崎市鳴滝1-4-1
コース 普通科
学費支援サポート 就学支援金制度
登校回数 週1回
選考方法
偏差値・倍率

長崎県立鳴滝高等学校ってどんな学校?

長崎県立鳴滝高等学校ってどんな学校?

長崎県立鳴滝高等学校は長崎県に2つある公立の高校で、昼間部・夜間部・通信制の3課程から自分のライフスタイル、体調によってコースを選択することができます。

学校の魅力は、わからないことあっても、 学校の先生がしっかりとサポートをしてくれるところです。学習スタイルは基本的に自学自習です。

そのため、わからないことは自分で調べていかないといけませんが、スクーリングの際に先生に質問できる環境がしっかりと整っているので、安心して勉強に励むことができます。

ただ、勉強のサポートは整っていますが、進学校ではないので、あくまで高卒を目標にしている方への学校です。卒業後は就職している卒業生が多いです。

学校に通っている方は中学・高校で不登校になってしまったり、病気や仕事で全日制の高校に通えなかった人など、さまざまな人が通っています。幅広い年代方が通っているので、いろんな交流ができるのも魅力ですね。

そして、学校にはスクールカウンセウラーとスクールソーシャルワーカーが来校されます。メンタル面で不安がある時、サポートしてくれます。

高卒資格を取得するにはレポート・スクーリング(日曜日)・テストに合格しなければ、できません。スクーリングは9時〜15:50の時間帯で7コマの授業が行われます。

部活動も行われ、スクーリング後で活動しています。

長崎県立鳴滝高等学校の学費はいくら?

長崎県立鳴滝高等学校の学費はいくら?

長崎県立鳴滝高等学校の学費

入学金 なし
授業料 2,700円
(1単位:100円)
通信費・教材費などその他 31,860円
合計 32,500円

長崎県立鳴滝高校は、公立高校なので、学費が私立に比べてとても安いです。年間の学費は3万円弱で、私立の学費平均が25万円と言われているので、安いかがよくわかります。

長崎県立鳴滝高等学校の学費支援制度

  • 就学支援金制度

長崎県立鳴滝高等学校に偏差値・倍率はどのくらい?

長崎県立鳴滝高等学校の偏差値・倍率はどのくらい?

長崎県立鳴滝高等学校の偏差値・倍率情報

ただいま、調査中

長崎県立鳴滝高等学校の募集要項

新入学

募集課程 普通科
募集定員
入学志願資格 中学校を卒業見込み
入学選考料

転入学・編入学・その他

募集課程 普通科
募集定員
入学志願資格 転入:高校に在籍している者
編入:高校を中退している者
入学選考料

長崎県立鳴滝高等学校に通うメリット・デメリットは?

長崎県立鳴滝高等学校のメリット・デメリットは?

長崎県立鳴滝校のメリット・デメリットを挙げていくと、

のメリット

  • 公立のため、学費が安い
  • メンタルサポート体制が整っている
  • 先生に質問できる環境が整っている
  • さまざまな年代の方が通っている
  • 幅広い交流ができる
  • 部活動がある

のデメリット

  • 進学校ではないため、進学実績はそこまでない
  • 週1でスクーリングがある
  • 自学自習で勉強が大変

長崎県立鳴滝高等学校の口コミは?

長崎県立鳴滝高等学校の口コミは?

長崎県立成滝高等学校の口コミ1

素晴らしい学校です。

卒業生

リポートを自力で取り組むのはなかなか大変ですが、わからないところは先生方がわかりやすく教えてくれます。温かい生徒、先生ばかりでみんな仲良しです。生徒会企画の行事がたくさん行われており、毎回楽しく参加しています。バスハイクや、運動会、文化祭などがあり、秋のレクレーションではテーマパークに行きました。

引用:ユアターン

所長 かずま
SNSではこの学校に進んでよかった!卒業できてよかったという声が多くみられました。

まとめ

長崎県立鳴滝高等学校 まとめ

長崎県立鳴滝高等学校について最後にまとめると、

  • 公立のため、学費が安い
  • メンタルサポートあり
  • 学習支援サポートも充実
  • 幅広い交流ができる
  • 進学校ではないため、あくまで高卒資格が目的になる

鳴滝高校は、SNSでは通ってよかったという声が見られました。実際に通ってみて、前の高校よりもストレスなく通える生徒が多いようですね。

ただ、あくまで高卒資格取得の学校で、進学校ではないので、進学を考える方は他の高校を検討した方がいいかもしれません。

 

[site_reviews_form id=”licvr3lm” hide=”title,name,email,terms”]
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

前職では通信制高校にて学生の入学のサポートや入学後の生活や進路支援に携わる。現在は独立し、前職の経験を活かし当サイトで通信制高校の魅了を伝えるお手伝いをしています。

目次