新潟県立高田南城高等学校(通信制)ってどんな通信制高校?学費や偏差値情報を調査!

新潟県通信制高校:新潟県立高田南城高等学校
  • 新潟県立高田南城高等学校の偏差値情報が知りたい!
  • 口コミや学費はどのくらい?

と、新潟県立高田南城高等学校について気になり、このページに来てくださったと思います。

このページでは、皆さんの気になる新潟県立高田南城高等学校についてしっかりと紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

通信制高校を入学を考えている方へ


学費が安いこと、登校回数が少ないこと、大学や専門学校への進学実績など、通信制高校を選ぶポイントは人それぞれです。しかし、通信制高校選びで最も重要なのは、複数の学校を比較することです。


ちゃんと学校を調査・比較せずに選んでしまうと、
WEBコースなのに、学校に行かないといけない...
学費は安かったが、教材費やスクーリング代で余計にお金がかかった

と後悔する方が多くいるのが現実...。

後悔を防ぐためにも、通信制高校では自宅から通える範囲の3〜5校の資料を請求することがとても大切です。

通信制高校の一括資料請求サイトでは、住所を入力するだけで、自宅近くの複数の学校をピックアップしてくれます。
一校ずつ請求する手間がなく、簡単に資料を取り寄せられます。


まだ通信制高校を比較できていない方は、ぜひ資料請求をして学校選びの参考にしてください。適切な選択ができるよう、しっかりと情報収集を行いましょう。

\ とりあえず無料で資料請求 /

新潟エリア通信制高校の人気ランキングはこちら

目次

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の基本情報

新潟県立高田南城高等学校基本情報
学校名新潟県立高田南城高等学校
学費26,000円
所在地・校舎〒943-0837
新潟県上越市南城町3丁目3−8
コース普通科
学費支援サポート就学支援金制度
登校回数週二回
選考方法面接、書類選考
偏差値・倍率なし

新潟県立高田南城高等学校(通信制)ってどんな学校?

新潟県立高田南城高等学校(通信制)ってどんな学校?

新潟県立高田南城高等学校は、新潟県上越市の高田駅から徒歩約20のところにある、昭和43年創立の高校です。

新潟県立高田南城高等学校の特徴

新潟県立高田南城高等学校は新潟県内で初めての、定時制課程と通信制課程がある独立した高校です。

  • 全国一、面倒見のよい定時制・通信制高校
  • 全国一、進路希望達成率の高い定時制・通信制高校

というスローガンを掲げています。

不登校傾向のある生徒や特別な支援を必要とする生徒に対してもフォローをおこなっているなど、誰にでも学びの環境を提供する高校といえるでしょう。

新潟県立高田南城高等学校の授業内容

平成6年度から「単位制」が導入され、生徒の希望や学習環境などに応じて教育を受けられるシステムになっています。

通信課程の生徒は毎週日曜日と火曜日に授業がおこなわれるため、自分が履修している科目の授業に出席する必要があります。

ただし、最低限の出席日数をクリアしていればスクーリングは週1日でも問題ありません。学習はスクーリングのほか、自宅で課題やレポートを作成して郵送で提出しながら進めます。

分からないところは直接聞くほか、電話でも聞くことができます。

また、体育祭や遠足といった学校行事は参加必須ではありませんが、単位取得の一環として自分の好みに合わせて参加することが可能です。

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の学費はいくら?

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の学費はいくら?

新潟県立高田南城高等学校の学費は?

入学金500円
授業料18,000円
通信費・教材費などその他7500円
合計26,000円

新潟県立高田南城高等学校の学費支援制度

  • 就学支援金制度

新潟県立高田南城高等学校(通信制)に偏差値・倍率はどのくらい?

新潟県立高田南城高等学校(通信制)に偏差値・倍率はどのくらい?

新潟県立高田南城高等学校の偏差値・倍率情報

新潟県立高田南城高等学校の偏差値についてですが、通信課程においては特に基準がなく、また、倍率に関しても公表されていません。

基本的に通信制高校は入学を希望すれば入れることが多いのですが、新潟県立高田南城高等学校における通信課程の募集人数は若干名であるため、入学希望者が募集人数よりも多くなった場合は審査の結果、入学が認められないこともあるでしょう。

選抜方法は書類選考と面接の結果によって決まります。

面接では面接官からの質問にはっきりと答えるほか、見た目をよくするために身だしなみをしっかり整えてから挑むことが大切です。なお、入試日は特に定められておらず、定員になり次第、募集が締め切りになるため、入学を検討している場合は気を付けましょう。

新潟県立高田南城高等学校の募集要項

新入学

募集課程普通科
募集定員
入学志願資格中学校を卒業見込み
入学選考料

転入学・編入学・その他

募集課程普通科
募集定員
入学志願資格転入:高校に在籍している者
編入:高校を中退している者
入学選考料

新潟県立高田南城高等学校(通信制)に通うメリット・デメリットは?

新潟県立高田南城高等学校(通信制)に通うメリット・デメリットは?

新潟県立高田南城高校のメリット

  • 学費が安い
  • 単位制のため、自分の興味に合わせて履修を検討できる
  • クラブ活動ができる
  • フォロー体制がある
  • 学校行事が強制参加ではない

新潟県立高田南城高校のデメリット

  • 年間のスクーリング日数が多め
  • レポートや課題を提出する際は郵送しなくてはいけないため、面倒に感じる可能性がある
  • 学校行事が強制参加ではないため、友達との交流が少なくなる可能性がある

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の口コミは?

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の口コミは?
新潟県立高田南城高等学校の口コミ1

いろんな人が通っています

卒業生

さまざまな学生が入学してこられます。諸事情で前の高校が合わなかった、中学生のとき不登校で出席日数が足りなかった、自由な環境がいい、社会人で仕事をしているなどいろいろですが雰囲気も悪くなく、ここであれば大丈夫だと思います。

引用:みんなの高校情報

新潟県立高田南城高等学校の口コミ2

この学校を選んでよかった

在校生

人間としての生き方を教えてくれた高校です。まだ入学して間もないですが、1日1日が楽しくて仕方がないです。服装の縛りがない私服でもいい高校なので、リラックスができます。先生方も1人1人いい先生で悪い人がいないので、満点です。心から楽しいというのはこういう事なんだなとこの高校に来て学びました。

引用:ユアターン

まとめ

新潟県立高田南城高等学校(通信制)のまとめ

本記事で紹介したように、新潟県立高田南城高等学校は学費が安いため、経済的な不安がある場合でも学びやすい学校である点が特徴といえるでしょう。

また、単位制であるため、自分の興味や学習環境などに応じて、適宜調整しながら履修を組むことができます。

さらに学校行事も強制参加ではないため、そのような点に魅力を感じるのであれば進学先として検討するとよいでしょう。

通信制高校を入学を考えている方へ


学費が安いこと、登校回数が少ないこと、大学や専門学校への進学実績など、通信制高校を選ぶポイントは人それぞれです。しかし、通信制高校選びで最も重要なのは、複数の学校を比較することです。


ちゃんと学校を調査・比較せずに選んでしまうと、
WEBコースなのに、学校に行かないといけない...
学費は安かったが、教材費やスクーリング代で余計にお金がかかった

と後悔する方が多くいるのが現実...。

後悔を防ぐためにも、通信制高校では自宅から通える範囲の3〜5校の資料を請求することがとても大切です。

通信制高校の一括資料請求サイトでは、住所を入力するだけで、自宅近くの複数の学校をピックアップしてくれます。
一校ずつ請求する手間がなく、簡単に資料を取り寄せられます。


まだ通信制高校を比較できていない方は、ぜひ資料請求をして学校選びの参考にしてください。適切な選択ができるよう、しっかりと情報収集を行いましょう。

\ とりあえず無料で資料請求 /

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

前職では通信制高校にて学生の入学のサポートや入学後の生活や進路支援に携わる。現在は独立し、前職の経験を活かし当サイトで通信制高校の魅了を伝えるお手伝いをしています。

目次