鳥取県立米子白鳳高等学校について知りたい!【偏差値・口コミ・学費】

鳥取県通信高校:鳥取県立米子白鳳高等学校

本記事では鳥取県立米子白鳳高等学校 通信制について紹介しています。

  • 鳥取県立米子白鳳高等学校の偏差値や倍率はどのくらい?
  • 学費はいくら?
  • 入試について知りたい!

といった皆さんが抱える不安や疑問を解決してきます。

通信制高校を入学を考えている方へ


学費が安いこと、登校回数が少ないこと、大学や専門学校への進学実績など、通信制高校を選ぶポイントは人それぞれです。しかし、通信制高校選びで最も重要なのは、複数の学校を比較することです。


ちゃんと学校を調査・比較せずに選んでしまうと、
WEBコースなのに、学校に行かないといけない...
学費は安かったが、教材費やスクーリング代で余計にお金がかかった

と後悔する方が多くいるのが現実...。

後悔を防ぐためにも、通信制高校では自宅から通える範囲の3〜5校の資料を請求することがとても大切です。

通信制高校の一括資料請求サイトでは、住所を入力するだけで、自宅近くの複数の学校をピックアップしてくれます。
一校ずつ請求する手間がなく、簡単に資料を取り寄せられます。


まだ通信制高校を比較できていない方は、ぜひ資料請求をして学校選びの参考にしてください。適切な選択ができるよう、しっかりと情報収集を行いましょう。

\ とりあえず無料で資料請求 /

鳥取県の通信制高校おすすめ一覧はコチラ

目次

鳥取県立米子白鳳高等学校の基本情報

鳥取県立白子白鳳高等学校の基本情報

鳥取県立米子白鳳高等学校は、平成17年4月に創立。定時制総合学科と通信制がある県立の高校です。通信制高校の定員数は80名。

4~9月の前期と10~3月の後期の2学期制を採用しており、学期ごとに単位認定される科目もあるため、9月での卒業も可能です。

卒業には3年以上の在籍と74単位以上が必要で、ホームルームなどへの特別活動への参加も必要となります。スクーリングは毎週日曜日に行われ、通うのが厳しい方は入学時に水曜日へのスクーリングも認められる可能性があります。

部活動は、バトミントン、卓球、軟式野球、バレーボール、陸上、郷土芸術があり、郷土芸術部は県代表として全国大会への出場を果たしています。

鳥取県立米子白鳳高等学校の学費は?

鳥取県立白子白鳳高等学校の学費はいくら?

鳥取県立米子白鳳高等学校の学費は公開されていません。

ただ、通信制高校では、 修学支援金制度というシステムがあり、条件を満たせば、授業料が実質無料になります。返還も不要です。

また、非課税世帯に対しては奨学給付金が教育費として支給され、支給額は32,000円〜。返還も不要です。

県立の通信制高校なので、私立に比べると学費が安いのは確実です。

鳥取県立米子白鳳高等学校の偏差値・倍率・入試

鳥取県立白子白鳳高等学校の偏差値・倍率はどのくらい?

鳥取県立米子白鳳高等学校の選考方法は、面接と書類選考です。そのため、学力が問われる学科試験がありません。

もともと 通信制高校では偏差値という概念がありません。理由としては学科試験を行う学校が少ないからです。

通信制高校の入試において、重要なのは人柄や入学の意思をしっかりと伝えることができるかです。

通信制高校の面接で聞かれることを簡単にまとめてみました。

  • 志望動機(なぜ進学したいのか?)
  • 入学後の高校生活(どんなことに取り組みたいか?)
  • 高校卒業後にどうなりたいですか(将来の夢は何か)?
  • なぜ全日制高校ではなく、通信制高校を選んだのか?
  • あなたの長所と短所はなんですか?
  • 入試の作文では何を書きましたか?
  • 趣味はありますか?
  • 得意科目、苦手科目
  • 休みの日の過ごし方

面接では上記のことが聞かれる可能性が高いので、しっかりと練習しておきましょう。

鳥取県立米子白鳳高等学校のメリット・デメリット

鳥取県立白子白鳳高等学校のメリット・デメリットは?

鳥取県立米子白鳳高等学校のメリット

  • 県立高校ならではの学費の安さ
  • 就学支援金制度を利用すれば、授業料が無料
  • 郷土芸術部は全国大会への出場をしている

鳥取県立米子白鳳高等学校のデメリット

  • 1週間に1回スクーリングに行かないといけない
  • 自学自習のため、自己管理能力やスケジュール管理ができないと厳しい

鳥取県立米子白鳳高等学校の口コミは?

鳥取県立白子白鳳高等学校の口コミは?

9番目は「鳥取県立米子白鳳高等学校 郷土芸能部(米子市)」の「淀江さんこ節」です。 pic.twitter.com/TtkUPNTLbI

— アートピアとっとり@鳥取県公式 (@artpiatottori) August 26, 2018

鳥取県立米子白鳳高等学校 口コミ

とにかく自由だと思います。

卒業生

授業開始が10:20終了が16:30です。昼休憩は40分間。
授業は45分の休憩10分、1年の授業はほとんどがで週一、2限続きです。
授業はだいぶスローペースでノートも一冊使わないのでルーズリーフがお勧め。

引用:みんなの高校情報

まとめ

鳥取県立白子白鳳高等学校 まとめ

最後に鳥取県立米子白鳳高等学校をまとめると、

  • 県立通信制高校のため、学費が安い
  • サポート体制が整っている
  • 自学自習ができないと卒業は厳しい

メリット面もあれば、デメリット面もあるのが通信制高校です。

私立高校に比べて学費は安いですが、学習・レポートは自分で行なっていくので、自立して勉強を進めていく力がとても大事になります。

鳥取県立米子白鳳高等学校が気になる方は、他の通信制高校の情報を一緒に見ながら学校を探してみましょう。

通信制高校を入学を考えている方へ


学費が安いこと、登校回数が少ないこと、大学や専門学校への進学実績など、通信制高校を選ぶポイントは人それぞれです。しかし、通信制高校選びで最も重要なのは、複数の学校を比較することです。


ちゃんと学校を調査・比較せずに選んでしまうと、
WEBコースなのに、学校に行かないといけない...
学費は安かったが、教材費やスクーリング代で余計にお金がかかった

と後悔する方が多くいるのが現実...。

後悔を防ぐためにも、通信制高校では自宅から通える範囲の3〜5校の資料を請求することがとても大切です。

通信制高校の一括資料請求サイトでは、住所を入力するだけで、自宅近くの複数の学校をピックアップしてくれます。
一校ずつ請求する手間がなく、簡単に資料を取り寄せられます。


まだ通信制高校を比較できていない方は、ぜひ資料請求をして学校選びの参考にしてください。適切な選択ができるよう、しっかりと情報収集を行いましょう。

\ とりあえず無料で資料請求 /

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

前職では通信制高校にて学生の入学のサポートや入学後の生活や進路支援に携わる。現在は独立し、前職の経験を活かし当サイトで通信制高校の魅了を伝えるお手伝いをしています。

目次